お祝い時には白い花がベター

開店祝いで一番喜ばれている花は胡蝶蘭

開店を祝う花の相場は、相手との関係によって違ってきますが、取引先に贈る場合は10,000~50,000円程度で、友人や知人の開店祝いに贈るなら5,000円~10,000円程度、身内の場合なら10,000円~50,000円程度が相場となっています。
贈る花の種類は胡蝶蘭が豪華で開店というお祝いの場に相応しいことや、胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」となっていて縁起が良い花言葉としても喜ばれています。そのため、どんな花を贈るか迷った時は胡蝶蘭にすると安心です。胡蝶蘭は豪華な割合にしては、匂いが少ないので飲食店の開店祝いにも贈ることができます。
ただ、飲食店の中には衛生面での心配の他、生の花は水遣など花管理に手間がかかるので敬遠する場合もありますから、先方に聞いてみるのも大事です。胡蝶蘭は様々な大きさがあり、価格も10,000円程度からありますから、お店の雰囲気やスペースに合わせて贈ってください。また、開店祝いなら立札をつけて贈りますが、立札のマナーなどはお店に聞いて失礼のないようにします。
友人や知人に贈る場合予算が5,000円程度なら胡蝶蘭では予算がオーバーしてしまうこともあります。そんな時は観葉植物がおススメですが、贈る場合は前もって先方のスペースや好みを聞くことも必要です。

開店祝いで贈る花には気持ちを込めて

開店祝いでお花を贈ることはとてもメジャーです。よく開店したお店に行くとずらりと花が飾られているので、それを見るだけで新しいお店なのだとわかります。開店祝いとして贈られる代表的な花はやはり胡蝶蘭だと思う方が多いと思います。胡蝶蘭は花自体も大きくゴージャス感があるので、それだけで存在感があります。小さなタイプの胡蝶蘭から大きなタイプまで幅広く取り扱っていますが、基本的に胡蝶蘭は高級な花のため、開店祝いのような大きく立派な贈り物にする場合、費用は数万円するものもあります。
しかし、胡蝶蘭ばかりが開店祝いの花であるとはかぎりません。他に花束のように他の花と組み合わせて送るケースもあります。存在感がある花をメインで置くだけで個性的なアレンジメントになります。例えば、ユリやカサブランカのような一つの花で存在感をアピールできる花をメインにしてもよいでしょう。それをアレンジしてもらうことで、胡蝶蘭に劣らぬ華やかさを演出できるのはないでしょうか。
開店祝いの花は白がよいと言われています。先ほど挙げた花もそうですが、まずは贈る本人の気持ちが大切だと思います。花屋さんに事情や気持ちを相談すれば、きっと自分の希望に沿ったアレンジをしてもらえるはずです。花は自分の気持ちを伝えるよい手段なので、しっかり気持ちを込めて贈りたいものです。

「Plejour」とは、英語の「Pleasure(楽しむ)」と仏語「jour(1日)」から生まれた造語。 公演・発表会|あなたの用途に合わせた花をご用意しています。 産地直送の新鮮花を宅配する事により、日本中のお客様に新鮮な花を、届けさせて頂ける事が他社との違いです。 開店祝いにお花を贈るなら

post list

calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

new information

喜ばれるのは生花よりもプリザーブドフラワー

開店祝いはお花選びは慎重に 友人や知人がお店を開いた、そんなめでたい時に華を添える意味で祝いの花を贈る…

read...

贈る場合はどんなスタイルの花にするかも重要

開店祝いにどんな花を贈ればいいか? 知人や友人、取引先の人が新しく開店もしくは開業するから花を贈りたい…

read...

開店祝いに贈る花の相場

開店祝いで贈るお花の最近の傾向 私は仕事の関わりで、個人出店の喫茶店やセレクトショップの開店立ち上げに…

read...

NGな花の色

開店祝いの花の定番は 開店祝いの花と言えば定番は胡蝶蘭です。その理由は「幸福が飛んでくる」という意味を…

read...