NGな花の色

開店祝いの花の定番は

開店祝いの花と言えば定番は胡蝶蘭です。その理由は「幸福が飛んでくる」という意味を持つからで、お店が繁盛し、多くの客が来て欲しいと願う開店祝いに最適の花と言えます。また開店祝いの場合は切り花ではなく鉢植えがお勧めで、その訳は「根付く」からだと言うことが出来ます。
また胡蝶蘭はとても華やかな花で高級感がありインテリアとしても人気があります。店内に飾ることでお店の印象も良くなり、香りや花粉がほとんどないのもお客が多く来る開店祝いにピッタリです。
その他にも胡蝶蘭の特徴としては花持ちがよく長く楽しむことが出来るので鉢植えなら2、3カ月以上もキレイな状態を保つことが出来ます。そして胡蝶蘭は1年中栽培されていて育てやすい花なので季節を選ばないので開店祝いの定番として人気が高い花と言えます。
胡蝶蘭の他にも観葉植物やフラワーアレンジメントなども喜ばれます。特に手入れが必要ないモノがお勧めで近年はドライフラワーを贈る人が増えてきています。ちなみに赤い色の花は赤字、火事を連想させるので開店祝いとしてはNGです。それと開店祝いの花には立て札をつけて贈るようにして下さい。それとポイントとしては開業日の午前中に届くように贈るのがマナーです。
あと花代の相場は取引先の場合は10000円から50000円程、友人や知人の場合は5000円から10000円、身内なら10000円から50000円程です。

開店祝いの花で喜ばれるもの

開店祝いの花は何を貰っても嬉しいですが、更に喜んでもらえるものとしてどんな花が選ばれているのか気になります。値段は一万円くらいが相場で、ボリュームある花を贈る事ができます。彩りは華やかなもので、色味は黄色、ピンク、オレンジと明るめのものが人気です。夏なら季節に合わせてひまわりと、工夫を凝らす事で貰って嬉しさを見出す事ができます。
落ち着いた色、青、紫、黒などはどちらかというと祝いというイメージから離れているので控えるようにします。新鮮で綺麗な花を使用しているので、香りが良く貰って幸福な気分を味わう事ができます。渡すタイミングとして開店する前や直後に渡す事で、開店と共に間に合いやすいです。花は景気が良く、前向きな意味を成します。貰ったものは店の前に飾る事ができるので、来店したお客さんにも見てもらえる事ができます。
店の名前を入れてもらう事で、何に対しての花か一目でわかりやすく、嬉しさも倍増します。ですが意思疎通があやふやになってしまうと、名前を間違えたり、漢字が別のものになってしまったりする事があります。間違いが起こらないように念入りに注意し、開店祝いの花を注文する事が望ましいです。自分が貰って嬉しいかという基準で考えるのも良いです。

post list

calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

new information

喜ばれるのは生花よりもプリザーブドフラワー

開店祝いはお花選びは慎重に 友人や知人がお店を開いた、そんなめでたい時に華を添える意味で祝いの花を贈る…

read...

贈る場合はどんなスタイルの花にするかも重要

開店祝いにどんな花を贈ればいいか? 知人や友人、取引先の人が新しく開店もしくは開業するから花を贈りたい…

read...

開店祝いに贈る花の相場

開店祝いで贈るお花の最近の傾向 私は仕事の関わりで、個人出店の喫茶店やセレクトショップの開店立ち上げに…

read...

NGな花の色

開店祝いの花の定番は 開店祝いの花と言えば定番は胡蝶蘭です。その理由は「幸福が飛んでくる」という意味を…

read...