贈る場合はどんなスタイルの花にするかも重要

開店祝いにどんな花を贈ればいいか?

知人や友人、取引先の人が新しく開店もしくは開業するから花を贈りたい。しかし、何を贈れば喜ばれるか分からない。そんな悩みを持つ人に向けて、開店祝いに贈る花の種類と特徴をご紹介します。
まず、ご紹介したいのは定番の胡蝶蘭。胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」という花言葉があり、蝶が集まっているかのような姿をしているので、縁起もよし見た目もよしの花です。開店祝いによく使われますが、定番だからこそ相手に分かりやすくお祝いの気持ちを伝えることができるでしょう。
店舗に贈る場合は、スタンド花がよいかもしれません。店の前に綺麗で華やかな花が置いてあると、新しく開店したことが分かりやすいので、お客さんの目も引いてくれます。新たな門出に相応しい花と言えるでしょう。
観葉植物もオススメです。目に優しく癒しの効果もありますし、開店した後も育てられるので、お店の雰囲気に合った観葉植物を贈れば相手にも喜ばれることでしょう。また、ブリザーブドフラワーも人気が出てきています。特殊加工を施すことで長期間枯らすことがない代物で、種類が豊富なので相手に合わせた選択がしやすいです。お祝いに花を贈るときは、花の種類だけでなく掛けるお金にも気を遣う必要があります。お互いの関係によって相場に合わせた額で花を贈りましょう。

電話で受け付ける開店祝いの花

品質を保った開店祝いの花を贈れば、円滑な付き合いをすることに発展します。季節ごとに贈れる花が限られている中、VIP専用の店舗では理想にできる限り叶えていく内容を提供します。また電話で受け付けてくれるサービスは、全国へ対応できる内容を示し、花や全体の売り上げに貢献しています。ラッピングに対応している花屋は、開店祝いの対応をよく理解しているため、注文をするときに詳細を伝えていくことが重要です。
開店祝いの花に求められる内容は、見た目の華やかさを演出することです。第一印象で決まってしまう状況が多く、仮にその場限りであっても重大な意味を持つからです。企業の会長クラスが贈る大きな花輪を見ていけば、厳選された生花を贈っていることに気が付きます。
年間を通じて契約している花屋では、割引制度を実行しているところがあるので、希望する条件をひとつひとつ叶えていくことが大事です。また花言葉という内容まで理解して贈れば、的確なメッセージを届けることにつながり、より深い気持ちを届けられます。ビジネスでの付き合いであれば、周囲の花との兼ね合いを確認する行動が不可欠です。生花である魅力を考えながら、きちんと選んでいくことが重要です。

post list

calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

new information

喜ばれるのは生花よりもプリザーブドフラワー

開店祝いはお花選びは慎重に 友人や知人がお店を開いた、そんなめでたい時に華を添える意味で祝いの花を贈る…

read...

贈る場合はどんなスタイルの花にするかも重要

開店祝いにどんな花を贈ればいいか? 知人や友人、取引先の人が新しく開店もしくは開業するから花を贈りたい…

read...

開店祝いに贈る花の相場

開店祝いで贈るお花の最近の傾向 私は仕事の関わりで、個人出店の喫茶店やセレクトショップの開店立ち上げに…

read...

NGな花の色

開店祝いの花の定番は 開店祝いの花と言えば定番は胡蝶蘭です。その理由は「幸福が飛んでくる」という意味を…

read...