開店祝いに贈る花の相場

開店祝いで贈るお花の最近の傾向

私は仕事の関わりで、個人出店の喫茶店やセレクトショップの開店立ち上げに立ち会うことが多いのですが、開店祝いのお花ももちろんそのたびに贈っています。他社からのお祝いのお花も見かけることが多いのですが大体、傾向は2つです。1つは、五千円から一万円のアレンジメントフラワーです。好まれる理由としては、贈る側としてはフラワーショップにお任せにできるので花の種類や組み合わせのセンス等、あれこれ迷うことがなく無難にまとめてくれるのが手軽だと思います。
また、コンパクトで大げさにならないことも日本の思いやりに通じるように思います。贈られる側としても花瓶に移し変える必要もなく、開店期間中だけの賑やかしとして簡単に店内に添えておくことができますし、場所もとりません。もう1つは、価格帯はアレンジメントフラワーと変わりませんが観葉植物です。これは、開店する店舗内を事前に拝見できる場合に店内のレイアウトや物の配置が開店準備でドタバタしていて空きスペースが見られたり殺風景な感じに見えたりした場合に観葉植物を贈るようにしています。
開店後も鉢植えのまま店内を彩るインテリアとして長く楽しんでもらえるように思います。どちらにしても、最近の開店祝いのお花は大げさにならず、見栄も張らず、お祝いの気持ちをささやかに表現するような傾向が強くなっているように感じます。

開店祝いのお花はどう選べばいいの?

知り合いのお店が開店するとなると贈りたいものが「開店祝いのお花」ではないでしょうか。今回、開店祝いにまつわるマナーをまとめましたので、是非ご参考ください。
【相場】開店祝いをお花でする時の相場は、1万円から3万円と言われています。取引先宛てか友人宛名のか、相手方との関係によって予算もしっかり考えるようにしましょう。【時期】お店の開店時に手渡しするお花以外は、開店に間に合う日取りで配達できるか確認しておきましょう。開店前にレセプションパーティーなどが開催される場合は、レセプションパーティーに間に合うように配達しましょう。お花によって、配達に時間がかかったり配達できない地域もあったりするので、余裕をもって手配しましょう。
【花の種類】開店祝いのお花で思い浮かべる胡蝶蘭は、「幸せを運んでくるお花」「幸せが飛んでくるお花」と言われ、縁起が良い花なのです。また、胡蝶蘭は1本に複数の花が咲くので。見た目にも華やか、鮮やかな印象を与えます。
ただし、ゴージャスなお花である分場所も必要とするので、お店の規模を考慮する必要もあるのでご注意ください。そして、注意すべきお花選びとして、火を連想させる赤一色のお花はよくありません。また、開店されるお店が飲食店などの場合、お花の香りがきついことや花粉が飛ぶこともよくありません。このように、開店祝いのお花は開店されるお店に考慮したお花選びが重要だということです。

post list

calendar

2017年12月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

new information

喜ばれるのは生花よりもプリザーブドフラワー

開店祝いはお花選びは慎重に 友人や知人がお店を開いた、そんなめでたい時に華を添える意味で祝いの花を贈る…

read...

贈る場合はどんなスタイルの花にするかも重要

開店祝いにどんな花を贈ればいいか? 知人や友人、取引先の人が新しく開店もしくは開業するから花を贈りたい…

read...

開店祝いに贈る花の相場

開店祝いで贈るお花の最近の傾向 私は仕事の関わりで、個人出店の喫茶店やセレクトショップの開店立ち上げに…

read...

NGな花の色

開店祝いの花の定番は 開店祝いの花と言えば定番は胡蝶蘭です。その理由は「幸福が飛んでくる」という意味を…

read...